子宮頸がんワクチンについて

2021年12月27日

令和3年12月現在、3種類のワクチンを接種できますが、年齢により公費で負担される種類がきまっています。令和4年4月から新たに公費対象となる年齢が追加設定される見込みですので、確定次第お知らせします。詳細について医師より説明ご希望の場合は、お電話でご予約の上来院してください。ご相談の際は、ワクチンを受ける方のご家族だけでもよいです。資料をお渡ししてご説明します。なお、相談料をご負担いただきますのでご了承願います。

令和3年12月25日現在の公費対象者:

サーバリックス(2価)、ガーダシル(4価)・・・小学6年生~高校1年生相当年齢

《シルガード9(9価)は全年齢自費です。》